Fandom


"地上が地底よりもこんなに広いなんて、私、ドキドキ興奮してきちゃった!" ― アンドレシア・フェトランド
アンドレシア・フェトランドとは、未完成の二次創作小説シルメリア 母なる大地と父なる空の主人公である。

「シルメリア 母なる大地と父なる空」とは?編集

アスミック・エースから発売されたスーパーファミコンのゲーム「レナスシリーズ」のような世界で一人の少女が地底と地上の世界を冒険する物語が楽しめる二次創作小説である。

概要編集

ミリエーヌの町で父アシュタルと母ブランシールと弟ベングラードと暮らすエスター族の少女。 千年祭でダルーアン教に誘拐された町の人々を助けるために旅立つ。 面倒見がよく素直で真面目な性格だが、かなりフリーダムでズレた一面も持っている。 武器は両手剣。

プロフィール編集

  • 年齢: 18
  • 血液型: O
  • 種族: エスター
  • 性別: 女

物語編集

大いなる惑星シルメリア。 それは精霊の力が満ち溢れ、大いなる伝説と奇跡が大地に刻まれた星である。 その星にはアーリィとブラムスという二つの大陸がある。 アーリィにはグラストン族、フルン族、エスィル族、モンスーン族、 ブラムスにはハリエッタ族、シルバータ族、リステル族、バルト族、 そしてシルメリアの地底世界ウィルフレドにはエスター族、ガルラオ族と呼ばれる様々な種族が暮らしている。 地底世界ウィルフレドのとある町ミリエーヌでは千年祭が行なわれており、エスター族の少女アンドレシアと親友シオラの2人は千年祭を楽しんでいた。 だが、千年祭の最中、突然ミリエーヌの住人が消え、町の西にあるミゾラ寺院が消えて不気味な建物が出現した。 アンドレシアの父アシュタルは娘のアンドレシアとシオラにダルーアン教の仕業であることを教え、事情でこの事件を解決できない自分に代わりこの事件を解決してほしいとアンドレシアとシオラに依頼する。 アンドレシアとシオラはミリエーヌの住人を取り戻すためと称してダルーアン教を倒す戦いの旅に出るのであった。 アンドレシア達はウィルフレドで様々な出来事を経て、ミゾラ寺院を悪趣味な建物に変えた張本人であるアルダムを倒す。 アルダムは「ミリエーヌに住む…奴らは…皆…シルメリアへ…連れていかれた…この世界は…地底世界に過ぎぬ…つまり…地上へだ…」と言い残して息絶えた。 ミリエーヌの住人がウィルフレドの地表であるシルメリアへと連れていかれた事を知ったアンドレシアはシルメリアへと向かうが、シオラはウィルフレドに残ると言う。 アンドレシアはシオラと別れ、単身シルメリアへと旅立つ。

原案編集

資料編集

参考になる衣装編集

参考になる髪型編集

参考になる武器編集

参考になる世界編集

動画編集

参考になる世界編集

参考になる物語編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。