Fandom


"小宇宙が燃えている限り、私は命をかけて戦う!" ― ラフィーナ・シルヴィシス
ラフィーナ・シルヴィシスとは、未完成の二次創作小説創生の魔人IIの主人公である。

創生の魔人IIとは?編集

「圧倒的遊戯ムゲンソウルズZ」のような世界で「真・女神転生II」のような物語が楽しめる二次創作小説である。

概要編集

山羊座を象った星「カプリコーニア」の少女。 13歳。 口にしたら、それに従わなきゃ、って思う性格の持ち主。 祖父のような黄金聖闘士に憧れている。 その反面、アナログ時計は読めない。 彼女が燃焼する小宇宙が高まれば高まるほど、青銅聖衣から黄金聖衣まで着用することができるが、逆に小宇宙が低いと着用できなくなる。 最終的に長きにわたる戦いを経て、自分自身がセブンセンシズに覚醒し、白金聖衣を着用することになる。 武器はカプリコーンキャリバーという両手剣。

ゼノス編集

5000年代の新種族。 人間と同じだが、500年の寿命を持つ。

物語編集

遥か、神話の時代。 この宇宙には究極神と呼ばれる十二人の神々に創造された十二の星々がある。 牡羊座を象った星「アリエサス」。 牡牛座を象った星「タウラソー」。 双子座を象った星「ジェミニア」。 蟹座を象った星「キャンサード」。 獅子座を象った星「レオス」。 乙女座を象った星「バルガシア」。 天秤座を象った星「ライブラス」。 蠍座を象った星「スコーピオニア」。 射手座を象った星「サジタリアシス」。 山羊座を象った星「カプリコーニア」。 水瓶座を象った星「アクエリアーシア」。 魚崎を象った国「ピスケサス」。 それぞれの星々の中心にある惑星アトライアがあった。 それから数年後、惑星アトライアの中央に巨大な塔が建てられ、アスガルダ教徒で構成される統治組織・通称「サンクチュアリス」に管理されるようになった。 サンクチュアリスの管理の下、直属エリートのテンプルナイト、サンクチュアリスに住むことを認められた一級聖闘士、聖衣の所持を許可された二級聖闘士と厳格な階級社会が作り上げられていた。 サンクチュアリスの支配に反抗するヨツンヘイマー教徒は度重なる反乱を起こすも、弾圧で押さえ込まれていた。 しかし、それももはや限界。 一級聖闘士の人々は、新たなる救世主の出現を望み始めるのだった。 その頃、カプリコーニアの少女ラフィーナ・シルヴィシスはガルザークを師として聖闘士になるための厳しい修行に励んでいた。

資料編集

参考になる外見編集

参考になる武器編集

参考になる衣装編集

普段着編集

聖衣編集

動画編集

参考になる世界編集

参考になる物語編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。